旅行の思い出

台湾旅行

友達と一緒に台湾に遊びに行ってきました。pcmxで友達になった人です。
私達が泊まっていたのは台北です。
方向音痴な私達は、地図を広げて横に向けたりひっくり返したり・・・いかにも観光客ですという雰囲気丸出しで、ちょっと無用心かなと思いつつ・・・。

いつも、日本人に親切な地元の方々が声をかけてくださって・・・それが日本語だったりするので、本当にありがたい!
二日目の朝、若い女の子たちに「何処に行きたいの?」と、声をかけられ、目的地を伝えると、「私達もこれから通るので一緒に連れて行ってあげる」とのこと。

道中他愛もない会話を楽しんだのだけど、彼女たち、びっくりするほど、日本語が上手なのです。 「ねぇ、日本語がすごく上手だけど、いったい何処で覚えたの?」と、尋ねてみると、 「ジャニーズで覚えたの!!」と、笑顔で返されました。

ジャニーズって、あのジャニーズ!? そう、彼女達は、SMAPの大ファン。日本語もSMAPの歌詞をもとに自分たちで勉強して覚えたのだという。

その女の子たちのうちの一人は、年に何度も日本を訪れているとか。
「明日も東京に行くんだよ。コンサートを観にいくの。」
まるで、私達が「明日は、ちょっとデパートまで買いものに行ってくるわ。」というくらいの軽い感覚でサラリと言うのです。
いや、それよりも、もっと軽い感じだったかも。

彼女達の好奇心や日本語をマスターしてしまうほどのパワー、フットワークの軽さには、ただただ脱帽でした。
韓流ドラマにハマッている日本の女性の中にも韓国語をマスターしてしまう人がいますよね。
私は英語をマスターしたいのだけど、歌やドラマで覚えるのって、生きた会話を覚えられるし、なんだか楽しそうですね。